【裏日本ミステリー事典】

監修・奥付愛好会

<補追>へ行く
<補追の補追>へ行く

明智小五郎(大正13年・デビュー) 
  デビュー当初は書生であったが、
  次第に「リッチ」な紳士となり、しかもどんどん若返る不思議な人物である。
  「小林少年」が危機にある時はいつも洋行中であり、
  その金は何処から出ていたのか・・・(副業?)
  健在であれば、100歳は超えているはずであるが、その素性は誰も知らない。



朝日ソノラマ文庫
  「ジュヴナイル文庫」。
  先発には「講談社少年倶楽部」があるが、
  「ジャンル」を限定したものとしては、これが最初(だと思う)。
  人気は「SF」とか「推理」とか書いていないヤツの「推理編」。
  ことに山村正夫の「アンソロジー」が、最も人気が高い。
  一応「少年物」なので、きたない字で「住所・名前」の書き込んであるものが多いので
  困りものではある。



朝山蜻一(明治40年〜昭和54年)
  「SM作家」。
  と言ってしまうと実も蓋もないが、そう呼ぶしかない不思議な「探偵小説家」。
  本名の「桑山善之助」になると「普通の文学」を書いているのに、
  この筆名になると、突如変なものを書き始める二重人格作家。
  乱歩を尊敬していたので、多分『陰獣』あたりの影響を相当に受けていたのであろう。
  『真夜中に唄う島』雄山閣出版 の「あとがき」に「ぼく、もうやめた」と、
  乱歩宛に「脱・探偵小説宣言」をしている。
  やはり相当変わった人物であったと思われる。



鮎川哲也(大正8年〜 )
  「推理文壇考古学者」。
  実作以上に、この分野に於ける活動の熱心さには頭がさがる。
  また、藤村正太・島久平・狩久など、同期生に対する情も厚い。
  実作に於いては、改稿版『白の恐怖』が一向に発表されないのが残念である。



アリバイ
  「現場不在証明」。
  と言っても、コレの「証明書」を発行してくれる機関はない。
  「探偵小説」の「犯人」は、コレを作りたがるが、
  コレを作ろうとするから不自然という「矛盾」が常につきまとう。
  「鬼貫警部」や「十津川警部」は、コレのない事件には興味を持たない。



アンフェア
  通常は「推理小説」の「常道」から逸脱した謎解きを指すものであるが、
  現在では「帯」または「書評」などに於いて、「ネタ」をばらす事を指す場合が多い。
  『黒い家』貴志祐介 の書評が問題になったことがあるが、
  ミステリー書評の難しさを示すものではある。



意外な結末(サプライズ・エンディング)
  コレにすべてをかけている作家に「折原一」がいる。
  総じて「叙述トリック」を得意とする作家は、みなコレに意欲を燃やす。
  違った意味での「サプライズ・エンディング」として、
  『雷鳴の館』クーンツ がある。 何なんだ? この結末は・・・!



OHS(大藪春彦活劇選集)
  大藪ファンの「バイブル」。
  新書版による「個人全集」。
  ただ、「伊達邦彦」ものも、それ以外のものも、ゴチャゴチャに編まれているため、
  統一性に欠けるという問題がある。



改題出版
  「同じ本」を再度つかまされてしまう恐れのある、忌まわしき「風習」。
  現在はかなり減ったが、以前は横行していた。
  コレの好きな出版社に「光文社」「祥伝社」「頸文社」などがある。
  表紙、及び見開き部分に於ける「記載」ならともかく、
  巻末に記載されていたりすると、読了後「あ!コレ読んだ事あったんだ!」と気付き、
  自分の「馬鹿さ加減」にも呆れるという「ダブルパンチ」を食らうこともある。
  コレの好きな作家に、城戸禮、大谷羊太郎、等がいる。



笠井潔(昭和23年〜 )
  「第三の波」を起こそうとしている人。
  もと左翼系運動家らしく、論争が大好きな探偵小説評論家。
  短気なところは「島田荘司」と良く似ているが、実作家としては全然似ていない。



梶山季之(昭和5年〜昭和50年)
  多芸多作の推理作家。
  産業推理『黒の試走車』や、コンゲーム小説『夜の配当』
  あるいは、本の謎に纏わる連作集『せどり男爵数奇譚』等、傑作が多い。
  にも係わらず「古書店」では全然売れない。



角川春樹
  「出版社代表」。「俳人」。または、コカイン等による「廃人」。
  昭和50年代の「横溝ブーム」を生み出した功労者。
  現在は「ハルキ事務所」なる「ゲリラ出版社」の社長。(2001年現在社長職を退いている)
  常に先を見通す眼力には敬服するが、言動には不可解なものが多い。
  通常、このような状態を「ラリッている。」と言う。



紀田順一郎(昭和10年〜 )
  「本」の「ウンチク」屋さん。
  「評論家」ではあるが、本が好きなのでその方面の「推理小説」も手がけている。
  「ふるほん文庫やさん」の熱烈なシンパとしても有名。



教授
  別名「新保博久」。ミステリー評論家。
  あちこちの新聞書評を手がけながら、巻末解説も引き受け、さらに著書も発刊し、
  さらに「論戦」にも立ち向かうという、超多忙な評論家。
  あまりに忙しいから白髪が増えたのであろうと推測。



楠田匡介(生年不明)
  単なる「悪党」。
  同名の「探偵小説作家」もいるが、コレは別人。
  大下宇陀児や水谷準などによる「連作探偵小説」の主人公。
  現在「創作探偵小説選集」(春陽堂)にて、
  その「悪党ぶり」を、知る事が出来る。



幻影城
  もう無くなってしまった出版社。
  出版社自体が無くなってしまった事より、
  はたまた、主宰者の島崎博氏の行方より、
  氏の蔵書の行方が気になるのは、蒐集家の性であろう。



こしまき
  別名「帯」。
  「××賞受賞作」に於いては、本体よりコレの方が高価いのは「古書界」の常識。
  よって、コレのみ集めている人もいる。
  ただし、読む時にはただの「邪魔者」でしかない。



ざしきわらし
  別名「関口苑生」。ミステリー評論家。
  本気で「友達の少ない人」と思っている人も多い様だが、そうでもない。
  ただ『日本ミステリー事典』の「執筆者」の中に、その名が見あたらない所をみると、
  案外・・・。



死体解体物
  「アリバイ崩し」「密室物」「倒叙物」など、ミステリーには様々なジャンルがあるが、
  こういうジャンルも存在する。
  『切断』   黒川博行
  『殺人方程式』綾辻行人  等、解体理由に唸らせられる作品は秀作と言える。
  しかし何と言っても「死体を壊す」第一人者は「島田荘司」であろう。
  同時に「死体」で遊ばせても、この人の右に出る者はいない。



島田荘司(昭和23年〜 )
  笠井潔とは同年生まれ。
  「本格推理作家」でもあり「社会派作家」でもあり「占星術家」でもあり
  「社会学評論家」でもあり「文学評論家」でもあり「随筆家」でもあり
  「命名家」でもあり「推薦人」でもあり・・・・・「季刊誌名」でもある。



叙述トリック
  「中町信」「折原一」が、この分野を得意としているが、
  常に破綻と背中合わせになるため、実作には相当の苦労が必要になると思われる。
  そのくせ、読後に「だまされた!」と怒る読者も多いため、
  作家の苦労は案外報われない。



自費出版
  ほとんどが「私家版」。 故に「お金持ち」でないと、なかなか出来ない。
  有名どころでは 『死者の木霊』内田康夫 がある。
  もしコレが出てきても「古書価格」がどれくらいになるのか見当もつかない。



仁賀克雄(昭和11年〜 )
  早大ミス研の創設者。
  翻訳、及び海外ミステリの紹介などの分野で活躍していたが、
  ソノラマ文庫に『放課後の殺人者』を書下ろした以後、創作面でも活躍を始めた。



ゾッキ本
  いわゆる「Bスタンプ本」などの総称。
  ただ「某大型古書店」を経由すると「ゾッキ」は消えてしまう。



曾野綾子(昭和6年〜 )
  「競艇屋」。あるいは「作家」。
  『塗りこめた声』は、本格推理として評価が高い。
   現在は、単に「怖いオバサン」である。



高橋克彦(昭和22年〜 )
  すぐ泣く人。
  「解説」でも泣き、「帯」でも泣く。
  きっと「いい人」なのだろうと思われる。



ノベルス
  「新書」とも言う。
  現在の「ノベルス」は、その「厚さ」を競うものである。
  この「厚さ競争」に参加している作家に、清涼院流水、二階堂黎人、等がいるが、
  近年はここに、吉村達也も加わった。
  製本技術が向上したため、この「競争」に背を向けていた「カッパノベルス」も、
  「講談社ノベルス」に対抗するようになり、出版社間の競争も激化している。



ハードボイルド
  ハメット・チャンドラー・ロスマク、以上が御三家。
  ただ、一般の人は「ハードボイルド」と聞くと、「内藤陳」を思い浮かべてしまう。



パラパラ
  「ディスコ」ではない。
  「パラサイト・イブ」と「テロリストのパラソル」がほぼ同時期に出版されたため、
  一時期、二作併せてこう呼ばれた。 今はそんなこと誰も言わない。



林葉直子(昭和43年〜 )
  もと「女流名人」「女流王将」「倉敷藤花」。現在「推理作家」。
  棋士時代は「奇手」を好んで使った。「初手・6六歩、第三手・6五歩」は有名。
  この手を指した後、控室に飛び込み、友人の中井に「やっちゃった!」と叫んだ。
  この奇襲を食らった「清水市代」は憮然。
  また、中学生との対局では「パンチラ」作戦を敢行するも不発。
  「私の魅力がわからないのね。」・・・【トンデモ】棋士であった。
  若き羽生が、この毒牙にかからなかったのは幸いである。
  米長門下であったため、先崎学の姉弟子?にあたるが、早々に破門される。
  推測ではあるが、
  米長棋聖が、愛弟子と中原名人との関係に気づいた為であろうと思われる。
  ミステリーに関する記載は省略。(笑)



久山秀子
  男。



びっくり文庫
  発刊元は「角川書店」。
  昭和55〜56年頃、十数冊を発刊した後書店から消えた。
  「びっくり」と言っても、ただアウトラインを「オレンジ色」で囲っているのと、
  オレンジ色の「挿絵」が入っているくらいで、全然びっくりしない。
  
  巻末の『出発にあたって』より、以下抜粋。
  「60年代のポップスが今の若者に新鮮な驚きを与えている。
   ここに60年代と80年代を結ぶ接点がありはしないか。
   流行の尖端を感覚的にとらえるのは、かなりしんどい作業だが、
   反面心わきたつことでもある。
   すると『びっくり文庫』という名称が、なんの抵抗もなく飛び出してきた。(以下略)」
                            角川春樹
  ・・・さっぱりわからない。 この頃から「ヤッテいたんだな。」と思われる。



秘文字
  「暗号書」中井英夫・日影丈吉・泡坂妻夫・共著。
  内容はともかく、まったく趣味の合わなそうなこの3人が何故こんな本を出版したか。
  これが、この本の最大の謎。



覆面作家
  現在はほぼ絶滅状態にある。
  種類は幾つかある。
  (その1)「顔、及び素性を証さない人」〜 かつての北村薫、など
  (その2)「ユニット」〜 田島莉茉子、鷹見緋紗子、など
  (その3)「余技で推理物を手がけている人」〜 加田伶太郎、嵯峨島昭、など
  (その4)「執筆中は覆面をつける事を義務づけている人」〜 折原一(多分違うと思う)。



マルミスト
  熱烈な「佐々木丸美ファン」。
  現在「マルミストツアー」なるものもあり、遙々北海道まで行くそうである。



饅頭本
  一般的には、故人の業績を讃えて出版された「私家版」を指す。
  その豪華な装幀と内容のなさから、
  陰に「ミテクレばかりで無内容」な書籍をこう呼ぶ事もある。
  すると「書店」には、かなりの「饅頭本」が並んでいることになる。
  しかしだからといって「本屋」を「饅頭屋」とは呼ばない。(何を言っているんだ私は!)



ミス研
  いっぱいある。
  「早大」と「京大」が有名だが、仲良くやって欲しいと思う。



論争
  いっぱいある。
  古くは「甲賀・木々論争」また「乱歩・木々論争」があり、
  佐野洋VS都筑道夫の「名探偵論争」等、各地・各時代で繰り広げられた。
  近年では「笠井・新保」の論争があったが、「論争」と呼ぶ程のものでもない。
  みんな仲良くやって欲しい・・・とは思わない。



(名前・生年、他すべて不明)
  生みの親、及び育ての親・・北村薫。
  落語家「円紫」のお友達。
  多くの女性読者が「こういう女って、学内に一人はいたよね。」と、「私」を嫌っている。
  私はこういう女性、結構好きなんですがねえ・・・。


<補追>

長野県出身作家
  長野県を代表する作家の筆頭は「島崎藤村」である。
  『破戒』『夜明け前』等が代表作。「児童文学」「童話」等も数多く残している。
  探偵小説の分野では「三津木春影」が、その奔りである。
  「押川春浪」等と共に、多くの翻案・翻訳、また創作を残した。
  続いて「保篠龍緒」が、「ルパン物」の翻訳などの分野で活躍した。
  「新青年」からも多くの探偵小説作家が輩出された。
  その代表が「国枝史郎」であろう。「伝奇作家」としてのイメージが強いが、
  乱歩等と共に「耽綺社」を結成するなど、「探偵小説」を愛し続けた。
  その後は「正木不如丘」の同人に参加した「椿八郎」がいる。
  いずれも長野県出身作家である。
  また、「新青年」に小品3作を残した「羽志主水」を忘れてはならない。
  重鎮としては「大下宇陀児」がいる。
  箕輪町の出身であるが、「大下」を記念するものが見あたらない。
  「藤村」を生んだ「小諸」とは随分と隔たりがあるが「娯楽小説家」の運命だから仕方ない。
  また、山岳小説家ではあるが、推理的要素を持った作品を多く残した「新田次郎」もいる。

  現在活躍中の作家では、長老の「土屋隆夫」がいる。
  一時期、都心に移り住んだ事もあったが、ほとんど出身地の「上田」に居を構えている。
  他には「今邑彩」「梓林太郎」「藤本ひとみ」等が、顔を揃えている。
  面白いところでは「新津きよみ」がいる。
  ご存じ「折原一」の奥様であり、共著も刊行している。
  覆面を付けて執筆する旦那(我ながらしつこいと思う)と、どんな暮らしをしているのか・・。
  
  「純文学」の分野では「田中康夫」(現知事)、「池田満寿夫」(故人)等がいるが、
  それぞれ 「田中」(社会学評論)、「池田」(版画)と、「文学」はあくまで余技であった。
  「ノンフィクション」では、
  『毒蛇』をもって「第一回開高健奨励賞」を受賞した「小林照幸」がいる。
  その後『闘牛の島』『朱鷺の遺言』等続々刊行し、将来を大いに嘱望されている。
  ぜんぜん嘱望されていない「猪瀬直樹」も、残念ながら「長野県出身」である。


<補追の補追>

ダイイング・メッセージ
  被害者が死の間際、何らかの形で犯人告発の手懸かりとして残したものを指す。
  現実にはほぼ不可能な行為ゆえ、「社会派作家」からしばしば笑いのネタにされてきた。
  勿論「本格派」は、それを承知の上で用いている。
  だから「ほんの手懸かり」程度の「ダイイング・メッセージ」になる訳で、
  そこに「犯人捜し」(フーダニット)の面白さがある。
  「ダイイング・メッセージ」が「作中作」になっている作品があったら愉しいであろう。
  
  『完全密室に刺殺体で発見された推理作家が死の間際、
   自らの血で最後に書き残した完全改稿1,200枚の長編が謎を呼ぶ・・・』

  ・・・馬鹿馬鹿しくなってきた・・・



DS選書
  発刊元は「自由出版社」。昭和21〜23年頃、計12冊を発刊した。
  文庫サイズなので「文庫」と勘違いしてしまうが、
  あくまで「DS選書」であり「文庫」ではない。
  「古書店」の「文庫」の棚に「均一本」で並んでいたら・・・
  嬉しさのあまり泣いてしまうかもしれない。



東都ミステリー
  発刊元は「東都書房」。全書版による叢書。
  通算で53冊あるようだが、十数冊しか見たことがない。
  高木、多岐川など「大御所」も名を連ねているが、
  新人も積極的に起用した。
  「水芦光子」「今日泊亜蘭」「野口赫宙」「童門冬二」「垂水堅二郎」等が名を連ねているが、
  現在「物」は何処にもない。もはや「骨董品」の部類に入るであろう。



本田緒生(明治33〜昭和58年)
  「単行本」一冊分くらいの「著作」があるのに「著書」がない。
  「著書」が欲しい。
  「著書」がない。・・・ほしい。



マジック・ナンバー
  通常はプロ野球のペナントレースにて、当該チームの優勝までの目安となる数字を指す。
  古書蒐集に於いてもコレはしばしば使われている。
  「M×」と・・・。
  つまり、全集などの欠本があと数冊で揃うときに用いられる。
  プロ野球との大きな違いは、
   (その1)
   プロ野球では、コレはしばしば消滅する事があるが、古書蒐集に於いては消滅はまずない。
   (その2)
   プロ野球では、「M25」などという途方もない数字が点灯する事があるが、
   古書蒐集に於いては、通常「一桁の前半」になってようやく点灯する。
   だから、
   「講談社乱歩文庫、あとM35なんだけど・・。」
   などという馬鹿げた事を言う人はいない。



三橋一夫(明治41年〜平成7年)
  「園芸家」。または「作家」。
  現在最も人気の高い探偵小説家の一人。
  三洋出版社の明朗シリーズには、常に人気が集まるが、なかなか無いので復刊が待たれる。
  当たり外れの多いのもこの作家の特徴であるため、
  当たって砕けるか・・・狂喜するか・・・
  まずは入手出来るか・・それが先決問題ではある。



山田風太郎(大正11年〜平成13年)
  ・・・とにかく「作家」。
  何でも書く! とにかく書く!
  「本格」「連作」「叙述トリック」「戦記」「忍法帖」「時代小説」「エッセイ」etc.
  あっ!「遺書」もあった。
  しかも、その作品群は、どこか妙にエロティック。
  平成の10年間は、こと「復刊」に関しては、この人の一人舞台であった。



結城昌治(昭和2年〜平成8年)
  かっこ良かった・・。(あこがれた・・。)
  何となく「戦災孤児」が、そのまま大人になった様でもあったが・・。
  「ハードボイルド」作家ではあるが、
  『白昼堂々』『ひげのある男たち』などの「ユーモアミステリ」も残している。



吉村達也(昭和27年〜)
  いっぱい書く人。
  たぶん「眠らなくても生きられる人」と思われる。(そんな事はない)
  アイデア家であり、オリジナリティーに溢れた本作りには定評がある。
  さて、・・・どこから読み始めればいいのだろう・・・。



ヨコジュン
  別名「横田順彌」。「SF作家」。
  野球ファンが嵩じて「押川春浪」にはまった為、(あっ、逆だ!)
  「春浪」を探偵役にした「ミステリ」を書く羽目になった。(羽目になったかは知らない)
  シャレの分かる男としても知られており、熱烈なファンも多い。



乱丁・落丁
  「お取り替え致します」と書いてあるが、なかなかお目にかかれない。
  一度、頁の折れた上に印刷された本を入手した事があるが、
  広げなければ別段問題はないので、そのままにしておいた覚えがある。
  手元に「大林清」春陽文庫のS.45年版の完全な乱丁本があるが、
  今「春陽堂」は取り替えてくれるかなあ?

 

戻る